Carry On my way (reprise)

主に女性アイドルの事を超不定期に徒然なるままに記すブログ

かつて大好きで、今も気になる人達の活動休止に寄せて。

2015年の夏頃~2019年の夏頃まで、推していたグループの1つが、
東京パフォーマンスドール(以下TPD)です。

そのTPDが、2021年9月30日をもって無期限活動休止し、
9月26日の活動休止前ラストライブ開催が、先日発表されました。

tpd-web.com

2019年度から、グループとしての活動頻度が低下したのをきっかけに、
最近は距離を置いていたのですが、
それでも今年に入って、2月のライブに足を運んだり、
メンバー単独のファンミーティングに参加したりと、
グループやメンバーぼ動向を気にしていたグループでした。

 

私はこれまで、様々な女性グループを追いかけてきましたが、
TPDを追いかけていた約4年間で一番感じたのは、
女性アイドルグループが売れることの難しさでした。

 

TPDはダンスパフォーマンスが売りで、
実際、ダンスのレベルは高くて、歌唱力が高いメンバーもいます。

ついでに言えば、メンバー全員が可愛いor美人揃い。(あくまで私の感覚として)

でも、数多くの女性アイドルグループがいる中で、
ある程度、抜きん出た存在になるには、
ただ高いレベルにいるだけでは難しいのだなと。

多くの人に受け入れられる楽曲を世の中に出して、
他を圧倒するレベルのダンスパフォーマンスを見せて、
“歌姫”レベルの歌を届けることで、目立つ存在になることが出来る・・・。
本当に厳しい世界だと、改めて認識しました。

 

そして、一度大きな壁にぶつかってしまうと、
それを打破するなり乗り越えるのは、並大抵の事ではない事も痛感しました。

2017年夏のアイドルフェスシーズン、
リリースされた曲がグループの持ち味を生かせる物であれば、
歌唱力があるメンバー2人を舞台公演で欠くこと無く、
もっと良いライブパフォーマンスが出来ていたならば、
大きく躓く事は無かったんじゃないのか?

この躓きさえ無ければ、
2018年夏にメンバーが一気に3人卒業することも無かったんじゃないか?

メンバーが卒業した後でも、新メンバーの加入があれば、
多少でも流れを変えられたのではないか?などなど・・・。

「たられば」を言い始めたらキリが無いですし、
今更それを言っても仕方が無いのですが、
結果的に流れが好転せず、そのきっかけが掴めなかった事が、本当に残念でした。

 

ただ、かつてTPDを約4年間推していて、確実に言えるのは、
卒業した3人を含めて、人間的に好きになれるメンバーばかりだった事。
そして、歌とパフォーマンスは唯一無二で、やっぱりそれが好きだった事。

だからこそ、彼女たちの頑張りがもう少し報われて欲しかったし、
グループとしての活動を諦めて欲しくなかったし、
諦めざるを得ない状況を作らないで欲しかった、という思いもあるのですが、
まあ、これは、推すことを止めてしまった人間が言うべき事ではないのかも。

 

彼女達のことを信じきれなかった人間が、厚顔無恥を承知の上で書きますが、
9月26日のラストライブを、叶うことならば見に行きたいです。

投稿テスト・・・って何回目だ?

時折、「ブログを書きたいな」という気持ちが急激に湧いてきて、

「折角ならばツイッターにもブログ更新した事をツイートしたいよね」と思い、

こういう“投稿テスト”というブログを書いて投稿をして、

ブログ更新ツイートが行われた事を確認したのは良いのだけれども、

結局、ブログを書く事はしないで、また長期間放置する、という事を、

何年か周期で繰り返しています。

 

さて、今回はどうなりますか・・・。

2018年09月02日のツイート

2018年09月01日のツイート

2018年08月31日のツイート

2018年08月30日のツイート

2018年08月29日のツイート

2018年08月28日のツイート

2018年08月27日のツイート

2018年08月26日のツイート